福祉用具レンタル会社の2021年M&A動向

企業が成長をするための手段として、スピーディーに事業構造を転換することができる手段である“M&A”はとても有効な手段で、医療分野でも、「規模の経済」によるシナジー効果を目的に、医療機器メーカーや病院、クリニック、薬局、介護施設などの医療機関、医療法人の買収を進めて事業規模の拡大を検討する医療法人、企業も増えています。そこで本記事では、福祉用具レンタル会社のM&Aの動向について紹介していきます。

福祉用具レンタル会社のM&A動向

福祉用具レンタル会社とは、顧客の環境や身体状況に合わせて車椅子などの福祉用具の選定やレンタルを行う、福祉用具貸与事業を営む企業を指す言葉です。

そして商品としている福祉用具の中でも、排せつなどに関係する用具はレンタルでは難しいため販売対象として販売しております。なので、福祉用具貸与事業を運営する企業では、貸し出しだけではなく同時に福祉用具販売事業も行っていることが多いです。こうした福祉用具レンタル会社は後継者不足や大手の参入による競争の激化によってM&A数が増加傾向にあります。こうした福祉用具レンタル会社のM&Aにおいて売り手と買い手双方のメリットについて下記で解説していきます。

買い手側のメリット

まず買い手のメリットはスタッフの確保ができる点、ノウハウの獲得ができる点の2つです。

慢性的な従業員不足である福祉用具レンタル会社が安定して経営していくために、従業員確保は欠かせません。そうした場合、M&Aを用いることで優秀な」従業員を確保することができるので、安定した会社経営につながります。

また要介護高齢者の増加に伴い福祉用具レンタルの需要も高まっているため、新サービスを導入しようと考え会社も増えています。そうした際に0から新規参入する場合、ノウハウやスキルの習得に時間がかかり、市場の流れにに乗り遅れてしまいます。この場合、sM&Aを実施して新サービスンビ従事する会社を買収すれば、ノウハウも獲得できることとなり、新規参入をスムーズに進められます

これらのことから福祉レンタル会社のM&Aは買い手側に多くのメリットが期待できることから、M&Aの総数は増えています。しかし、売り手側にあるメリットとはなんなのでしょうか、それを以下で解説していきます。

売り手側のメリット

次に売り手側のメリットは後継者問題が解決できる点、雇用継続できる点、売却益の獲得ができる点の3つです。

福祉用具レンタル会社をM&Aによって売却するメリットの1つ目は後継者問題の解決です。現在日本の多くの中小企業が後継者問題に悩まされており、これから先さらに後継者問題は顕著になっていくと予想され、それは福祉レンタル会社にも当てはまります。こうした後継者不足という問題を抱える企業にとってM&Aは信頼できる後継者に引き継いてもらう事が期待できる事から有効な手段と言えます。

そして、後継者問題で廃業する場合、働いている従業員の雇用は継続されず、職を失うということになってしまいますが、M&Aで売却することができれば、従業員の雇用を守れるというのも重要なポイントになります。
最後に、M&Aを用いることで福祉用具レンタル会社を売却することができれば売却益の獲得につながります。M&Aでの売却金額は企業の規模や影響力によって異なりますが、市場の動きや交渉次第では億単位での売却益を獲得できる事もあるので、後に様々な使途に用いる時の有効資金となることが期待できます。

まとめ

上記のように福祉用具レンタル会社のM&Aは、大手が無理やり買いあさっている状況というよりも買い手と売り手の双方にメリットが多数存在しているため、年々盛んになっているといえます。しかし、どれだけ双方にとってメリットのある事業継承であっても買う前、売る前に注意をすべき点というのは多々ありますし、事業継承後においても注意すべき点は多くあります。こうした時に自身で課題を見つけ対策することは求められるものが多く、非常にハードルが高い行為です。

弊社では、そうした相談に対して解決策をご提案させていただくことが可能です。また事業承継や居ぬき案件もご提案できますので、ご希望される方はお気軽に弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

    属性必須

    法人個人

    業種(法人)/職種(個人)必須

    会社名必須

    ご希望必須

    買収売却その他

    お名前(漢字)必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容任意