Doktor医療機関のM&Aプラットフォーム

病院/クリニック、介護施設、薬局、歯科医院などの医療機関を中心とした事業承継・M&Aをご支援します。

売却希望案件

買収希望案件

最新投稿

投稿一覧

なぜ今、医療機関のM&A
が必要なのか

高齢者の患者様が多い地域においては、「病院が無くなる=その土地に住めなくなる」危機的状況であり、最寄りの病院が廃業した場合、患者様が転居を迫られるケースが近年発生しております。
一方で若手医師は、首都圏で新規開業しても競合のクリニックが多いため、集患が出来ずに倒産するケースが多発しております。
開業志望の若手医師が、後継ぎを探している病院を事業承継することで、今後数十年その地域に医療サービスを提供し続ける環境を創り出し、地方創生することが社会の重要課題となっております。

よくある課題

  • 後継者不在
    クリニックを長きに渡り経営してきたが、ご子息のキャリア志向が異なり、後を継いでもらえず廃業を迫られている
  • 開業/廃業コスト
    首都圏で新規開業するにしても多額のコストがかかる。廃業するにしても廃業コストがかかる
  • 新規開業
    首都圏で新規開業しても、集患できずに倒産するケースが多発しておりリスクが高い

サービス

  • STEP04

    M&Aの実行、引継ぎ支援
    詳細な条件を決め、M&Aの実行を行います。また、患者・従業員などの引継ぎ支援も行います。
  • STEP03

    買い手/売り手同士の面談の実施
    双方の要件を満たした場合、お互いを引き合わせ、面談を行います。
  • STEP02

    譲渡希望医療機関の探索
    お伺いした要件に合う譲渡希望の医療機関を、証券会社、銀行、税理士法人と協業して探し出します。
  • STEP01

    開業志望の医師との面談
    開業時期、専門科、地域など、M&Aしたい病院の要件を確認します。

ご利用者様の声

  • 3000万で黒字経営のクリニックを継ぐことに成功!内科医 36歳 男性
    都内での新規開業を1億の予算で検討していたのですが、地元のクリニックを3000万で譲渡してくれる案件をご提案いただけました。
    既に集患さんも付いており、看護師・レセプトもいる状態で譲渡いただけたので、開業開始から黒字のため安心して経営出来ています。
  • 後を継いでくれる若い医師が見つかった!整形外科医 64歳 男性
    息子も医師でしたが専門科が異なり、後継ぎがいない状態で廃業を検討していました。
    患者さんもいるので、本当に廃業してよいのか葛藤がありましたが、ちょうどこの地域で開業を検討している38歳の整形外科医を見つけてもらえて、安心して譲り渡すことが出来ました。

ご利用の流れ

  • STEP01

    Doktorへお問合せ
    お問合せフォーム、もしくは電話でご連絡ください。
  • STEP02

    面談
    その後、ご用件をお伺いするため面談いたします。
  • STEP03

    買い手・売り手の探索
    開業志望の医師の方には譲渡希望の病院、譲渡希望の病院には買い手を探します。
  • STEP04

    M&Aの実行
    買い手と売り手の要件が合致した場合、双方の面談を経てM&Aを実行します。

会社概要

企業名 株式会社Doktor (Doktor Co,Ltd.)
会社設立日 2015年5月23日
代表取締役 篠崎 俊文
資本金 588万円
本社所在地 〒212-0016 神奈川県川崎市幸区南幸町3-14
電話番号 044-511-1088(代表)
営業時間 平日 9:00~18:00(土日祝日休み)
有料職業紹介事業許可番号 14-ユ-300959

お問い合わせ

お名前(漢字)必須

メールアドレス必須

お問い合わせ内容任意