眼科医必見!クリニック(眼科業界)の2021年M&A動向

企業が成長をするための手段として、スピーディーに事業構造を転換することができる手段である“M&A”はとても有効な手段で、医療分野でも、「規模の経済」によるシナジー効果を目的に、医療機器メーカーや病院、クリニック、薬局、介護施設などの医療機関、医療法人の買収を進めて事業規模の拡大を検討する医療法人、企業も増えています。

そこで本記事では、クリニック(眼科業界)のM&Aの動向について紹介していきます。

眼科クリニック(眼科業界)の2021年M&A動向

眼科業界とは数ある医療業界の一種で、主な業務として眼に関係する病気の治療や診断を行っており、そのほかではコンタクトレンズを使用する方のための処方を書くことや、花粉症の症状の治療や予防などを行う業界です。

この眼科業界では、パソコンやゲームなどの電子機器によるドライアイの増加などで、集患数は増加傾向であるものの、レーシックの価格競争によるレーシックバブルの崩壊の影響で、売り上げは減少傾向にあります。

これらが起因し、クリニックの経営の先行きが怪しくなった事からM&A案件が増えてきたという事実があります。こうした眼科業界M&Aにおいて売り手と買い手双方のメリットについて下記で解説していきます。

眼科クリニックを買収する買い手側のメリット

初めに買い手のメリットは主に3つありスタッフの確保ができる点、事業エリアの拡大に繋がる点、設備・施設を低コスト獲得できる点です。

クリニックを安定して経営していくためには、医師の確保と同時に事務員の存在が絶対に必要になります。しかし、地方部では慢性的な人材不足なため医師や事務員の雇用はそう簡単にはいきません。しかしそういった地方部のような場合でも、M&Aを用いることで優秀な医師や事務員を確保することができるので、安定した病院経営につながります。

またグループ病院の場合、事業エリア拡大のために新たな地域に病院を建てた場合、その地域に定着し顧客を安定して得るまでに時間が多くかかります。そうした際にM&Aを通して動物病院を取り込むことで、固定客を維持したまま事業エリア拡大をすることができます。

資金面においてもM&Aの特性上、設備や施設を一から買い揃えることなく、そのまま引き継ぐことができるので費用を抑えられます。また、設置期間や設置場所を考える必要もないので、短期間で使用できるという点も強みです。

これらのように眼科業界のM&Aは買い手側に多くのメリットが期待できることから、M&Aの総数は増えています。しかし、売り手側にあるメリットとはなんなのでしょうか、それを以下で解説していきます。

眼科クリニックを売却する売り手側のメリット

主な売り手側のメリットは後継者問題が解決できる点、雇用継続できる点、廃業費用を解消でき創業者利益確保できる点の3つです。

現在日本の多くの中小企業が後継者問題に悩まされており、これから先、さらに後継者問題は顕著になっていきます。特に医師業界では子供に病院を継がせることが難しいことから、後継者不足は深刻な問題となっています。しかし、こうした後継者不足をM&Aを用いることで信頼できる後継者に引き継いてもらう事が期待できます。

そして、後継者問題で廃業する場合、働いている従業員の雇用は継続されず、職を失うということになってしまいますが、M&Aで売却することができれば、従業員の雇用を守れるというのも重要なポイントになります。

また廃業する場合廃業費用がかかりますが、M&Aが成功すれば、会社の資産や権利と同時に負債も移転することができるので、負債や廃業費用をなくした上で創業者利益のみを得ることができます

これらのことから、クリニック(眼科業界)のM&Aは買い手側のみにメリットが期待できるのではなく、売り手側にも様々なメリットがあるためM&Aの総数が年々増えています。

クリニック(眼科業界)の2021年M&A動向まとめ

上記のようにクリニック(眼科業界)のM&Aは、大手が無理やり買いあさっている状況というよりも、買い手と売り手の双方にメリットが多数存在しているため、年々盛んになっているといえます。

しかし、どれだけ双方にとってメリットのある事業継承であっても買う前、売る前に注意をすべき点というのは多々ありますし、事業継承後においても注意すべき点は多くあります。こうした時に自身で課題を見つけ対策することは求められるものが多く、非常にハードルが高い行為です。弊社では、そうした相談に対して解決策をご提案させていただくことが可能です。またこれから開業を考えている皆様に、事業承継や居ぬき案件をご提案できますので、格安でリスクの低い開業をご希望される方はお気軽に弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

    属性必須

    法人個人

    業種(法人)/職種(個人)必須

    会社名必須

    ご希望必須

    買収売却その他

    お名前(漢字)必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容任意