開業医必見!M&Aでクリニックを承継し、開業した後の集患方法

昨今、企業の成長手段のみならず、クリニックの経営においても「人材確保」「資金節約」の効果が期待できる“M&A”はとても有効な手段で、病院やクリニックをM&Aを通して承継し、開業を検討する医療関係者様が増えております。

そこで本記事では、承継開業後に売上を伸ばすために重要となる効率的な集患の方法について、3つの重要なパートに分けて解説していきます。

クリニック経営において、マーケティングを意識する

独立する際、どれだけコストをかけずに承継開業ができたとしても、ニーズが無ければクリニックを経営するために十分な集患はできません。一昔前でしたら、承継開業をしてすでについているお客さまだけで十分というのが普通でしたが、首都圏のような競争が激しい場所では、調査からはじめて、マーケティング戦略を組み立てて実行していかなければ、経営は先細ってしまうというのが現状です。

特にコロナウイルスの蔓延により、都市部では人通りが減り、またテレワークが社会全体に普及したことで、オフィス街のクリニックなどでは患者数の減少が顕著であり、マーケティングの必要性が高まっているといえます。

では、具体的にクリニック経営における”マーケティング”とはどのようなものでしょうか?ずばり、それは「患者さんの価値観やニーズをしっかり掴み、治療やそれに付随した医療サービスを行い患者さんが満足できる仕組みを作ること」です。

以下で集患の仕組み作りにおいて重要な方法を、3つに分けて解説していきます。

①クリニックのホームページを刷新する

一昔前でしたら、インターネットはまだ普及段階でしたが、現在はインターネットは当たり前な時代です。ですので、ホームページが患者さんに与える影響は大きくなっており、クリニックの看板と言っても過言でないほどです。

ではどのような要素がクリニックのホームページに必要なのでしょうか?

必要になる要素は大きく分けて二つです。一つ目は”写真やイラストなどを使うことで見た目を綺麗にし、患者さんに良い印象を持ってもらえるようにする事” そして二つ目が、”ホームページからのネット受付もできるようにする事”です。

ホームページでは住所や電話番号といった基本的な情報に加えて、直接予約できる仕組みを入れることが大切です。予約システムを組み込むことによって、予約のハードルが下がり、集患効果の増大が期待できるからです。

②クリニックへの集患のために広告を行う

これまでマーケティングやホームページについて話してきましたが、それらの効果をさらに高める鍵となるのが広告です。

どれだけ綺麗なホームページを抱えていてもそれを見てくれるお客様がいなければないものと同じです。ではどのような広告を実践すべきなのでしょうか?

オススメはキーワード広告と呼ばれるものです。キーワード広告とはユーザーがある特定のキーワードを検索した際に、打ち込んだキーワードに関連のある広告メッセージとリンクが表示される広告です。

このキーワード広告の場合、キーワードに関係する症状があり、それを診てくれるクリニックを探している人にしか広告が出てきません。そのため、本当に必要に迫られている人に広告が表示されるので、高い広告効果患者数の増加が期待できます。

③経営するクリニックの情報を発信する

集患方法として綺麗なホームページ作って広告を打てばおしまいというわけではありません。適切なホームページを作り、キーワード広告を打ち始めたら、常にホームページを更新して情報を発信していきましょう。

たとえキーワード広告を用いて綺麗なホームページにたどり着いたとしても、古い記事しかない場合や、更新日時が途切れてしまっていると不安になり、そこでクリニックに対する信頼が下がってしまいます。

そのため、集患効果を最大化するためには、少しづつでもよいのでコツコツと情報を更新し、患者さんのためになるような情報をあげ続けることが大切です。

M&Aによるクリニックの承継、開業後の集患まとめ

このように承継開業後にスムーズに集患をし売上を伸ばすためには”適切なホームページの開設” ”広告の実施” ”情報発信”という3つが重要になります。

どれだけ理想的な医院を引き継げたとしても、これらのマーケティングの意識は必要不可欠です。また、この他にも事業継承後に意識すべき点は多くあります。しかし、自身で課題を見つけ対策することはハードルの高い行為です。弊社では、そうした相談に対して解決策をご提案させていただくことが可能です。

また、患者様への医療サービスの提供や従業員の雇用を守るために医療機関の経営を存続させるためにも、後継者の不在や、医療機関の経営にお悩みの医療機関経営者様は、是非お気軽に弊社までご連絡ください。

お問い合わせ

    属性必須

    法人個人

    業種(法人)/職種(個人)必須

    会社名必須

    ご希望必須

    買収売却その他

    お名前(漢字)必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容任意