【後継者不足】今の医療業界が抱える問題点とは?②

前回のコラム(【人材不足、収益格差】クリニック、薬局経営といった今の医療業界が抱える問題点とは?)では、医療業界の現状と病院経営者が抱える不安、直面している困難について、診療報酬の改定、地域医療構想に代表される医療行政の中長期的な変化から生まれる収入格差、慢性的な人材不足・採用難、患者のニーズの変化といったテーマごとに紹介しました。

また、中小規模のクリニックや薬局、病院、介護施設などの医療機関や医療法人がこうした業界の変化や課題に適応しにくい現状があり、経営が容易ではなくなっているということもご理解いただけたのではないでしょうか。

このコラムでは、経営者の高齢化が進む医療法人において、病院の経営者を悩ます新たな課題である「後継者不在問題」について、なぜ生じたのか、なぜ問題になっているのかについて解説していきたいと思います。

  1. 【人材不足、収益格差】クリニック、薬局経営といった今の医療業界が抱える問題点とは?
  2. 【後継者不足】今の医療業界が抱える問題点とは?②(本記事)

なぜ医療業界で「後継者不在問題」が生じたのか?

以前であれば、理事長の子どもが医師となって、理事長がリタイアを考えるころには理事長の座を受け継ぎ、病院の経営を行うというのが一般的でした。

社会的ステータスも収入も高い理事長の座は、医師全員のあこがれでもあり、父親の座を受け継いで子どもが理事長になるというのは当たり前のことだと考えられていたのです。

そのため、理事長の子どもは医大を卒業して研修医から勤務医になり、勤務医時代は他地域で医療に従事していても、いずれは地元に戻ってきて親の病院を次いで理事長になるというのが常識だったのです。

しかし現在も病院経営者の子どもが医師になることは多いですが一方で、様々な理由から価値観が変化し、親の後を継がないという選択をする医師も増えてきているのです。

以下では、なぜそういった変化が生じたのかという理由について解説していきたいと思います。

①病院経営内容の変化と価値観の多様化

理事長の子どもが親から理事長の座を引き継ぐということが当たり前であった頃には、多くの病院経営者は安定した高収入を得ることができました。理事長という立場は、病院スタッフや地域住民からの尊敬を集め、社会的ステータスもとても高いものがありました。

ところが、前回のコラムでも解説したように、診療報酬の改定、地域医療構想に代表される医療行政の中長期的な変化、慢性的な人材不足・採用難、患者のニーズの変化といった様々な変化に対応しなければならず、病院経営者に対しても、高い経営能力と経営責任が求められるようになったのです。

当然のことながら、なかには経営への関心が高く、優れた経営手腕を発揮する後継者様もいらっしゃいます。しかしその一方で、医師としての仕事や医療への熱意は強いけれども、病院経営自体にはあまり関心を持てないという後継者様もおり、そうした継がない子どもの意思を親が尊重する価値観の多様化が広がっているのも一つの要因です。

こうした病院経営の変化と、出自によって子どもの人生を決める必要はないという価値観の多様化が、後継者不足が問題になっている一因であるといえます。

②承継後の将来への不安

二代、三代と続く病院の場合、建物の老朽化が進んでいるというケースがあります。前回のコラムでも解説したように、医療の質がより求められるとともに、口コミや外観が集患に直結する時代ですから、収益の向上のためには建て直しが急務となるでしょう。

そうした際に、老朽化が進んだ病院を親から引き継ぐことは資産の相続ではなく負債の相続だととらえ、承継をあきらめるという家庭も増えているそうです。

また、理事長として経営に苦しむ親の姿を見てきた子ども世代が、経営よりも医師としての仕事に集中したいと考えたり、より安定している勤務医としての道を選ぶことは、納得のいく決断とも言えます。

こうした要因が重なり、後継者の不在という問題に直面する医療法人が増えてきているのです。

まとめ

いかがでしたか?後継者の不在が現在の医療業界で問題として上がっている理由についてご理解いただけたと思います。

後継者不在問題を解決するスキームがクリニックや薬局、病院、介護施設などの医療機関や医療法人のM&Aです。本コラムを通して、クリニックや薬局、病院、介護施設などの医療機関や医療法人のM&Aが必要な理由をわかっていただけたと思います。

  1. 【人材不足、収益格差】クリニック、薬局経営といった今の医療業界が抱える問題点とは?
  2. 【後継者不足】今の医療業界が抱える問題点とは?②(本記事)

弊社は、約700人の開業希望医と連携をとっており、クリニックや薬局、病院、介護施設などの医療機関や医療法人のM&Aを専門としている会社です。

後継者の不在や、病院の経営にお悩みの病院経営者様は、是非お気軽に弊社までご連絡ください。

お問い合わせ

    属性必須

    法人個人

    業種(法人)/職種(個人)必須

    会社名必須

    ご希望必須

    買収売却その他

    お名前(漢字)必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容任意