【ドクター必見】承継開業前に確認すべきこと3選!

昨今、企業の成長手段のみならず、医療分野において「人材確保」や「資金節約」の効果が期待できる“M&A”はとても有効な手段で、病院やクリニックの承継開業をを検討する医療関係者様が増えております。

そこで本記事では、承継開業後に売上を伸ばすために重要となる3つの確認事項について、3パートに分けて解説していきます。 

①居抜きではなく、患者も引き継げるか

承継開業の最も大きなメリットは、一定数の患者を引き継げることから、引き継いだその日から売り上げがあがり、大きく売り上げが落ちるということがなく、安定した経営ができることです。

ゼロからの開業では、オープン調査や広告を打って集客する必要があり、それらを用いても集患できずに運転資金が尽き、倒産するケースが多くあります。

ですので、承継開業を考えているドクター様は、開業する際に医院として存在しているだけでなく、自分が引き継ぐ前にしっかりと運営されていたかということを確認することが、採算の見通しを立たせ、リスクが低く済ますために必要です。

②スタッフは引き継げるのか

また二つ目の確認すべき点は、既存のスタッフを引き継げるのかどうかという点です。既存のスタッフを引き継ぐことができれば、人材不足に陥る危険性が限りなく少なくなります。

特に、地方部で開業する場合、競合となる医院数が少ない分、競争が激化することはすくないですが、逆に医院のスタッフとなりうる人材の数も少ないため、深刻な人材不足となり病院が回らなくなるというケースも多い事からも、人材については承継開業する際の重視すべきポイントです。

これらの事以外にも地方部で承継開業をする場合には、紹介事業者に支払う手数料などでかかる採用コストを抑えるためにも、雇用しているスタッフが存在しているかということが非常に重要になります。

重診期間はあるのか

そして3つ目の確認しておくべきことは、前任と院長と重なって診療する期間である重診期間がどの程度期間取れるかという点です。

承継開業をする際、承継する医院のスタッフをそのまま引き継ぐケースが多いです。なので、この残ったスタッフたちと良好な関係をスムーズに構築するために重診期間が必要になります。

重診期間を持たずに承継となると、スタッフの気持ちとしては承継され院長が変わるという情報が伝わってから、日が経たずに承継ということになるので、自分の勤めている職場がどうなるのかという不安を抱えてしまいます。

そこの不安の部分をできる限り解消し、信頼関係を構築するためにも重診期間をできる限り長く持つことは重要になります。

まとめ

このように承継開業後にスムーズに経営をし売上を伸ばすために確認する事として「患者が引き継げるのか」「スタッフが引き継げるのか」「重診期間はしっかり取れるのか」という3つが非常に重要になります。

今回は、承継開業前に確認すべきところについて解説しました。この他にも事業継承前に意識すべき点は多くあります。しかし、そうした課題を自身で見つけ対策することはハードルの高い行為です。弊社では、そうした相談に対して解決策をご提案させていただくことが可能です。

患者様や医療スタッフのために医療を存続させるためにも、後継者の不在や、病院の経営にお悩みの病院経営者様は、是非お気軽に弊社まで御問い合わせください。

お問い合わせ

    属性必須

    法人個人

    業種(法人)/職種(個人)必須

    会社名必須

    ご希望必須

    買収売却その他

    お名前(漢字)必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容任意