クリニックM&Aするならこれを読め!承継開業で売上を伸ばす医療経営戦略

昨今、企業の成長手段のみならず、医療分野において「人材確保」や「資金節約」の効果が期待できる“M&A”はとても有効な手段で、病院やクリニックの承継開業をを検討する医療関係者様が増えております。

そこで本記事では、承継開業後に売上を伸ばすために重要となる経営基盤の整え方について、3つの重要なパートに分けて解説していきます。

①承継したクリニックの院内の業務を覚える

承継開業するメリットは、新規開業と比較した時に初めから安定した売上をあげられる事です。ですので、その安定した売り上げをしっかりと確保するためにも、業務が滞りなく回せるように院内の業務を一通り把握し準備しておく必要があります。

初期の段階ですと勤務医時代とことなり、慣れない資料作成に苦労することは考えられます。その時に、「自分の時間を使うくらいなら他の人にやってもらえばいい」と考えられる方もいらっしゃると思います。

しかし、承継開業をして業務を把握している期間においては最終的に自分で覚える必要があります。勤務医と異なり経営者となると最終的な責任は全て自分が取らなければならず、トラブルの際に「知りませんでした」では済みません。ですので初めは院内の業務を人と通り把握することが大切になってきます。

②クリニックに残ったスタッフとの信頼関係を構築する

承継開業をする際、承継する医院のスタッフをそのまま引き継ぐケースは多いです。なのでこの残ったスタッフたちと良好な関係を構築することがスムーズに承継するために必要になります。

承継初期、スタッフにあまり情報が伝わっていない場合、院長が変わると耳にしたスタッフは自分の勤めている職場がどうなるのかという不安を抱えていることが多いです。

ですので、初期は不安を抱えたスタッフとの意思疎通を図り、業務を進めていくための第一歩として説明会を開くことが重要になります。この時、スタッフの不安感を増幅させないためにも、大袈裟な説明会ではなく、気軽な雰囲気での説明会を開くことが大切です。そして、説明会で大枠の指針を伝えることができたら、次に個人面談を通して、スタッフ一人一人の困りごとや不安点を聞くことが大切です。

このようにスタッフとのコミュニケーションを通して、信頼関係を少しづつ増やしていくことが、スムーズに承継するために重要になってきます。

③クリニックの経営理念を作る

勤務医時代に医師としての理念を持っていた方は多いと思います。しかし、経営者になるということは医師としての理念と共に、経営する医院をどのような医院にしていくのかという経営理念が必要になります。

経営理念なんて必要あるの?と思う方もいるかもしれませんが、経営理念から受ける医院のプラスの影響は多くあります。まず、医院として目指す目標があることで、経営者だけでなくスタッフも同じ方向を向いて仕事をすることができます。同じ理念を共有していれば、問題が発生した際にスタッフ自らが理念に合わせて判断して対処することができるので、受け身でない自主的な働きを期待できます。

また採用面においても、その経営理念に共感したスタッフが集まりやすくなるため、より志の高いスタッフを採用しやすくなります。

このように経営理念があるだけで、開業後に様々な決断が必要となる局面において決断すべき物差しとなる羅針盤となることから、大切になります。

クリニックの医療経営戦略まとめ

このように承継開業後にスムーズに経営をし売上を伸ばすために「院内の業務を覚える」「スタッフとの信頼関係を構築する」「経営理念を作る」という3つが重要になります。

今回は、承継開業後に最も大切になるところについて解説しました。この他にも事業継承後に意識すべき点は多くあります。しかし、自身で課題を見つけ対策することはハードルの高い行為です。弊社では、そうした相談に対して解決策をご提案させていただくことが可能です。

患者様や医療スタッフのために医療を存続させるためにも、後継者の不在や、病院の経営にお悩みの病院経営者様は、是非お気軽に弊社までご連絡ください。

お問い合わせ

    属性必須

    法人個人

    業種(法人)/職種(個人)必須

    会社名必須

    ご希望必須

    買収売却その他

    お名前(漢字)必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容任意