成功の鍵はタイミング!?クリニックM&Aのベストタイミング


企業が成長をするための手段として、スピーディーに事業構造を転換することができる手段である“M&A”はとても有効な手段で、医療分野でも、「規模の経済」によるシナジー効果を目的に、医療機器メーカーや病院、クリニック、薬局、介護施設などの医療機関、医療法人の買収を進めて事業規模の拡大を検討する医療法人、企業も増えています。

そこで本記事では、クリニックを売却するとなった際のクリニックM&Aのベストタイミングについて解説していきます。

クリニックM&Aの理想的なタイミングとは?

弊社はクリニックのM&Aに特化しているためクリニックM&Aのベストタイミングについての質問を多く受けるのですが、普遍的で一面的な答えを出すことはできないということが答えになります。つまり、クリニックのM&Aにおいてベストタイミングは経営者様の意向により異なるということです。

逆に言えば各開業医様が想像し描いたタイミングこそがベストなM&Aの時期なのです。具体的には、何歳まで医業に携わりたいのかという事やご家族の状況、将来のライフプラン等で決まってきます。

このようにクリニック自体の運営を将来的にどう考するかというのもケースバイケースで異なります。ですので、承継を考えた開業医様は「いつ医院継承をしたいのか」という部分を詳細に決めることが重要になります。

言いかえれば、自分の理想のライフプランをきちんと把握し、そこから逆算して継承のタイミングを考え出すということです。自身が理想とする継承のタイミングを把握できれば、そこに的を絞ってクリニック継承の準備をすることができるので、安全かつ確実にクリニックM&Aを進めることができるのです。

M&Aから得られるリターンを最大化するために重要なこと

上記で述べたように、自身が理想とするライフプランを再確認してからクリニックM&Aのタイミングを検討していくという事はとても重要なのですが、ここにもう一つの重要な要素を加味してタイミングを考慮するとM&Aから得られるリターンを最大化することに繋がります。

そのリターンを最大化する重要な要素とは、「経営が順調なタイミングで譲渡する」ということです。業績の良いクリニックは、開業を希望するドクターから人気があります。開業希望ドクターのM&A判断基準は、開業当初から多くの集患を集客できるのかということなので、業績の良いクリニックであれば多くの商談が入り、より良いM&Aが成立する可能性が高くなります。

また業績が良好なクリニックでは、譲渡価格も高額になる傾向があります。ですので、M&Aのリターンを最大化するためにも承継を考えた開業医様はライフプランを明確にして決めた後に、クリニック経営の先行きも絡めて、M&Aの具体的なタイミングを確定させていくことが求められます。

クリニックのM&Aタイミングまとめ

上記でクリニックM&Aのベストタイミングは、開業医様の理想とするライフスパンに合わせた形で、クリニック内の業績を最大化するということが重要だと記しました。

しかしライフスパンを明確にして業績をよくするというのは、言葉で表すのは簡単ですがいざ実際に行うとなると困難なものです。また事業継承後においても注意すべき点は多くあります。こうした時に自身で課題を見つけ対策することは求められるものが多く、非常にハードルが高い行為です。弊社では、そうした相談に対して解決策をご提案させていただくことが可能です。またこれから開業を考えている皆様に、事業承継や居ぬき案件をご提案できますので、格安でリスクの低い開業をご希望される方はお気軽に弊社までお問い合わせください。

お問い合わせ

    属性必須

    法人個人

    業種(法人)/職種(個人)必須

    会社名必須

    ご希望必須

    買収売却その他

    お名前(漢字)必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容任意