【クリニック、調剤薬局のM&A】M&Aの手続き・計画などの方法を徹底解説!

クリニック、調剤薬局のM&Aにおける買い手担当者様向けに徹底解説!

このコラムでは、弊社が専門としているクリニックや調剤薬局、介護施設、病院などの医療機関や、医療機器メーカー等の企業のM&Aでも使える、M&Aを行うにあたって必要な知識をそれぞれの段階に合わせて解説していきます。

このコラムでは特に、M&Aの実行(エクセキューション)フェーズにおいて、買い手側の担当者様が企業価値算定(バリュエーション)の前までに知っておくべき流れやその知識を解説したいと思います。

それぞれのフェーズでのより詳しい情報や留意点は、それぞれに対して弊社コラムにて解説していますので、このコラムを読んでより詳しくM&Aについて知りたいという方は、そちらのコラムもご覧ください。

  1. 【クリニックM&A】フィナンシャルアドバイザー(FA)の役割とは?
  2. 【クリニックM&A】買収先企業へのアプローチ時の4つの方法
  3. 【クリニックM&A】クリニックの買収提案書の作成とコンタクト時の対応のコツ
  4. 【クリニックM&A】買収するターゲット企業の分析方法
  5. 【クリニックM&A】医療機関買収時の価格計算・バリュエーションとは?
  6. 【クリニックM&A】医療機関のバリュエーション、DCF法を解説!
  7. 【クリニックM&A】医療機関のバリュエーション、時価純資産法を解説!

買い手側担当者様が知るべきM&Aの流れ

買い手側のM&A担当者様が実行フェーズにおいて企業価値算定(バリュエーション)をする前に行うべきものとして、大きく分けて以下のようなものがあります。

  1. フィナンシャル・アドバイザー(FA)の選定
  2. ターゲットとなるクリニック・調剤薬局へのアプローチ
  3. ターゲットとなるクリニック・調剤薬局への初期分析

それぞれのフェーズにて行うべき事や留意点

次に、それぞれの段階において行うべきことや留意点を解説します。このコラムでは、その要旨をまとめてざっくりと解説しておりますので、それぞれの項目についてより詳細に勉強したいという方は、リンク先の弊社コラムをご覧ください。

①フィナンシャル・アドバイザー(FA)の選定

FAとはファイナンシャル・アドバイザーの略で、M&Aにおける仲介業務を行う人を指します。フィナンシャル・アドバイザー(FA)の選定は、M&Aをスムーズに行う上でとても大事な決断です。フィナンシャル・アドバイザー(FA)の選定は、細かく分けると以下のような段階や留意点があります。

  1. FAの役割の比較と確認
  2. FAの報酬体系の比較と確認
  3. FAの選定方法
  4. FAとのアドバイザリー契約の締結
  5. FAとのアドバイザリー契約の締結の際の留意点

それぞれの項目につきましては、弊社コラム”【クリニックM&A】フィナンシャルアドバイザー(FA)の役割とは?“をご覧ください。

②ターゲットとなるクリニック・調剤薬局へのアプローチ

FAの選定が終わったら、次にやるべきなのは買収のターゲットとなるクリニックや調剤薬局、介護施設といった医療機関や医療機器メーカー等の企業をはどこか?またその会社へのアプローチをどうするか?考えることです。

ターゲットとなるクリニック・調剤薬局へのアプローチは、細かく分けると以下のような段階や留意点があります。

  1. アプローチ方法の検討
  2. 買収提案書の作成
  3. コンタクト時の対応方法

こちらも、それぞれの項目につきましては、弊社コラム”【クリニックM&A】ターゲットとなる買収先企業へのアプローチ時の4つの方法“、”【クリニックM&A】医療機関の買収提案書の作成とコンタクト時の対応のコツ“をご覧ください。

③ターゲットとなるクリニック・調剤薬局への分析

ターゲットとなるクリニック・調剤薬局へのアプローチ方法が決まり、アプローチを実際に行ったあとには、ターゲットとなるクリニック・調剤薬局への分析を行います。

ターゲットとなるクリニック・調剤薬局への初期分析は、細かく分けると以下のような段階や留意点があります。

  1. 基礎情報の収集・整理
  2. 初期分析における財務分析
  3. 初期分析における事業分析
  4. 初期分析におけるリスク分析
  5. 初期分析におけるリスク分析

こちらも、それぞれの項目につきましては、弊社コラム”【クリニックM&A】買収するターゲット企業の分析方法“ をご覧ください。

クリニック・調剤薬局のM&Aの買い手側担当者に必要な企業価値算定(バリュエーション)の基礎的知識を解説!!

企業価値算定(バリュエーション)とは実際にM&Aでの買収にかかる金額、クリニックの価格を決定することです。

企業価値算定(バリュエーション)を行うにあたって、必要となる考え方や実際に企業価値算定(バリュエーション)を完遂するための手法は以下のようなものがあります。

  1. 企業価値の考え方の確認
  2. DCF法の実務
  3. 時価純資産法の実務

次に、それぞれの考え方や手法について各項目や踏まえるべきステップについて解説していきます!

①クリニック・調剤薬局のM&Aにも使える企業価値の考え方

企業価値算定(バリュエーション)を行う際にはまず、企業価値に対する考え方を確認しなければなりません。企業価値に考え方を確認する際に当たって、重要となるポイントとして以下のようなものがあります。

  1. 株主価値との違い
  2. 純資産との関係
  3. 営業権の考え方と算定上の留意点
  4. 企業価値評価の3つのアプローチ
  5. コントロールプレミアムと非流動性ディスカウント
  6. 評価アプローチ間の関係

それぞれの項目に対するより詳細な説明は、弊社コラムの”【クリニックM&A】医療機関買収時の価格計算・バリュエーションとは?” をご覧ください!

②クリニック・調剤薬局のM&Aにも使えるDCF法の実務

次に企業価値算定(バリュエーション)を行う手法としてフリーキャッシュフローの現在価値を基礎に事業や企業の価値を算定する”DCF法”を紹介します。DCF法は以下のステップで行われます。

  1. 事業計画の入手・精査
  2. フリーキャッシュフロー(FCF)の算出
  3. 割引率の算定
  4. 残存価値(ターミナルバリュー)の算定
  5. 株主価値の算定
  6. センシティビティ分析

それぞれのステップに対する留意点や、より詳細な情報は弊社コラムの”【クリニックM&A】医療機関のバリュエーション、DCF法を解説!“をご覧ください。 

③クリニック・調剤薬局のM&Aにも使える時価純資産法の実務

最後に、対象の企業や事業の時価をもとに企業価値を算定する、”時価純資産法“について解説します。

時価純資産法は以下のステップによって行われます。

  1. 資産時価の算定
  2. 負債時価の算定
  3. 株主価値の算定

こちらも、それぞれのステップに対する留意点や、より詳細な情報は弊社コラムの”【クリニックM&A】医療機関のバリュエーション、時価純資産法を解説!“をご覧ください。

クリニック・調剤薬局のM&Aにおける基礎的知識を確認しましょう!

弊社コラムでは、クリニック、調剤薬局、介護施設、病院等のM&Aにも、一般的なM&Aにも使える基礎的な知識を徹底解説しています。

是非リンク先もご覧になって、M&Aをする際にお役立てください!!

分院展開や医療に関するM&Aをご検討の方は、是非弊社までお気軽にお問い合わせください!!

お問い合わせ

    属性必須

    法人個人

    業種(法人)/職種(個人)必須

    会社名必須

    ご希望必須

    買収売却その他

    お名前(漢字)必須

    メールアドレス必須

    電話番号必須

    お問い合わせ内容任意